お揃い!?っぽいシャンデリアと壁付けブラケットを見つけました👀

こんにちは。
今日の朝、地震速報がなってびっくりしましたね。
お正月が思い出されて、ドキドキしてしまいました。
揺れの大きかった地域の方は大丈夫でしたでしょうか?
何事もなかった事を願います。

そんな今日は、アンティークなんだけどまるでお揃い?のような照明器具をご紹介します。

5灯シャンデリア
イギリスのアンティーク照明器具、真鍮製のおしゃれな5灯シャンデリア

こちらの真鍮のシャンデリア。このデザインは3灯タイプが多い中これは5灯タイプで少し珍しいタイプ。
シンプルだけど、シンプルなだけにアームのくるんとした様子や、真鍮のキラキラ感がより際立つ素敵なアンティークシャンデリアです。
そしてこのデザインにそっくりの壁付け照明を見つけてしまいました👀👀✨

アンティークのおしゃれな壁付け照明、イギリスで見つけたウォールランプ
アンティークのおしゃれな壁付け照明、イギリスで見つけたウォールランプ

ベースの部分に模られた、丸い球のようなフォルムがアクセントになっている、真鍮製のアンティークの壁付けシャンデリアです。
しかも2灯も!
アンティークだとなかなかお揃いのデザインがそろう事がないんですが、こちらはシャンデリアとまるでお揃いのデザインなので、リビングのソファテーブルの上にシャンデリア、テレビボードの両サイドに壁付けシャンデリアを2灯シンメトリに付けてお部屋の照明をトータルコーディネートが出来ます。

アンティーク以外だと、ハンドルでもオリジナルで作っているシャンデリアとウォールブラケットがあります。

Handleオリジナル シャンデリア(エッフェル)でコーディネートした部屋
Handleオリジナル シャンデリア(エッフェル)でコーディネートした部屋

私の家のリビング。
Handleのオリジナルシャンデリア、“エッフェル”でトータルコーディネートました。
8畳ぐらいのリビングに、ダウンライトをつけてシャンデリアを吊るし、壁付け照明をシンメトリに設置しました。
普段はダウンライトだけでも過ごせるのですが、雰囲気を楽しみたい時など、シャンデリアを点灯してみたり、時にはシャンデリアとブラケットの灯りだけで過ごしてみたりと間接照明を結構楽しんでいます。
ぜひ、照明のトータルコーディネートをしてみたいな~という方は参考にしてみてください。
他にも、“エッフェル”のデザインで作った照明器具が色々あります。
よかったら→こちらから見てみてください😊

ちょっと前ですが、家族で岐阜の飛騨へ旅行に行ってきました。
今回の目的は、レールマウンテンバイク、GattanGo!と言って、廃線になった電車のレールを自転車で走れるというアクティビティへ。

昔の駅舎が受付&スタート地点に。

まちなかコースと、渓谷コースがあって、私たちは初心者向けのまちなかコースへ。
このレールに乗った自転車をこいで、片道3キロぐらいの往復コースです。
自然の中を駆け抜ける自転車、結構疲れましたが気持ちよかったです♪

夜は高山に泊まって、飛騨牛三昧をしてきました。
いいリフレッシュになりました。

担当:小澤

母の日のプレゼントにハンドルのトートバックがお勧めです!

こんにちは。

スタッフの冨田です。

GW ですね!
みなさんお出かけされてるでしょうか?

さて5月に入りましたね!
5月のイベントといえば「母の日」ですね。

ハンドルでも毎年人気の母の日セットを販売しています。

今年の母の日のセットは「オリジナルトートバック」です。

なんと色が8色!!

カラフルで見るだけでもテンションが上がってしまいます♪

バックの色に合わせて、ロゴの色もそれぞれで、どれにするか迷ってしまいます。

私が気に入っているのは、この白と水色のロゴのタイプです。

ナチュラルな雰囲気で、飽きずに使えそう!

お弁当入れにしたり、子どもの着替えを入れたりしようと思っています。


A4が入るMサイズもあります!

母の日のプレゼントでも、自分へのプレゼントでも、先行発売のお得なセットとなっていますので、是非チェックしてくださいね。

Sサイズのセットはこちらから

Mサイズのセットはこちらから

少し前ですが、娘の卒園式と、息子の入園式がありました。

娘の卒園式の恰好は卒業生から寄贈された可愛い制服で行います。
なんだかアメリカの大学の卒業式風?感じです。

長いこども園生活も最後だと思うと、涙ぐむ場面も多く、とてもいい卒園式でした。

そして息子の入園式。

入園式に行ったら、ずっと泣いている息子。

なんだかおかしいと思ったら、発熱!
写真も撮れずすぐ帰ってきました。

せっかくおめかししたのに、行く前の家の前だけの写真しか撮れませんでした。

でも二人とも新しい環境で楽しそうに通っているので、よかったです!

GW後半みなさんも楽しんでくださいね。

担当 冨田

春らしいペイントの家具・チェアがたくさん入荷しています!

3月16日とうとう北陸新幹線が金沢から福井、敦賀へ延伸開通しました。
福井から東京まで乗り換えなしで行くことができるようになり、私たち福井県民はとても嬉しいです。

開通日は福井駅前がまるで渋谷かな(笑)というくらいたくさんの人であふれていたのをニュースでみました。
私たちスタッフは仕事中で、窓からブルーインバルスによる祝賀飛行を見て感動していました!

来週は福井の桜も開花する予定で、ぐ~んと春めいてきましたが…
春らしいペイントの家具やチェアがたくさん入荷しています。

ブルー色のお洒落なキャビネットはお部屋を「パッ」と明るくしてくれます☆
まん丸取っ手が握りやすく、また可愛いすぎます!

ペイントキャビネット
ペイントキャビネット

お部屋を華やかに見せてくれるオープンキャビネット☆   
いろいろな使い方でフランス気分を楽しんで頂けます!

ペイントブックキャビネット
ペイントブックキャビネット

イエロー色の可愛いキッチンチェア☆
ハッピーからとも言われる黄色、お部屋のアクセントカラーとしても素敵なチェアです。
イエローキッチンチェア
イエローキッチンチェア

爽やかなブルー色のキッチンチェア☆  
こちらもお部屋のアクセントカラーとしてもお洒落なチェアです。

ブルーキッチンチェア
ブルーキッチンチェア

連日福井は新幹線の話題で盛り上がっているので、私も福井駅に行ってきました。
100年に1度とされる好機で、新幹線が開通するとこんなに賑わうんだと実感しました。
また、恐竜王国ともあって、恐竜のモニュメントが増えていてビックリです!!
世界三大恐竜博物館でもある福井県立恐竜博物館にもぜひ遊びに来て下さい。
先日、神奈川県からご来店頂いたお客様も、恐竜博物館に大感動!と喜ばれていました♪

担当:酒井

一足先にアンティークの春を発見しました!

こんにちは。
あっという間に3月。春はもうすぐ…と言いたいのですが、今日はとっても寒い~~~⛄
朝起きたら積雪していて、ビックリしました。
まだまだ気が抜けません。

そんな中、ハンドルの倉庫内をうろうろしていたら春色ピンクを発見👀しました。

ロイドルームボックス
ロイドルームボックス

うっすらとピンクがかったロイドルームボックスです。
お写真では中々伝わりにくいのですが、実際見るとほんのり桜色🌸です。
天板にガラスがあるので、サイドテーブルにもピッタリです。

ロイドルームボックス
ロイドルームボックス

こちらはガラスのないバージョン。
こちらもほんのり桜色で、倉庫で並んでいたのを見たらまるで双子のようでした😊
先日海外ドラマをみていたら、クローゼットの中に入れて使っていたロイドルームボックス。
こんなかわいいボックスがクローセットの中にあったら、テンション上がりますよね。

キッチンチェア
キッチンチェア

キッチンチェアのピンク色も見つけました。
綺麗なピンク色のチェア。お部屋に一脚投入するだけで春気分になりそうです。
お子様のデスクチェアや、ダイニングチェア、飾り棚にしてもいいので気軽に取り入れらせそうです。

最後に見つけたピンクはこちら。

フロアランプ
フロアランプ

土台は北欧ビンテージみたいにシンプルなんだけれど、シェードが可愛いピンク色をしているフロアランプです。
なんだかいつもの英国アンティークのフロアランプとは雰囲気が全然違って、目を惹きます✨
高さが高くないのも特徴的。ソファ横や寝室などにオススメです。

フロアライト
フロアライト

まだまだ寒い日が続きますが、一足先に春気分をアンティークで取り入れてみてはいかがでしょうか??

さてさて、春といえば…
ついに3月16日に、北陸新幹線の金沢~敦賀間が開業する事になりました!
それに先立って先日娘が福井~金沢間の試乗会に行かせてもらいました。


まだ、新幹線に乗ったことのない彼女は乗れる事が決まった1週間前から大興奮。
福井から金沢までたった30分で行けて、往復1時間の時間でしたがとっても楽しかったようです。

私が初めて新幹線に乗ったのは、中学3年生の修学旅行で行った東京。
学年230人ぐらいが米原での乗り換えの時間に間に合うように、体育館で乗り換えの練習をしていたのが私の新幹線の思い出(笑)

時代は流れて、乗り換えなしで東京に行ける日が来るなんてとってもびっくりします。
開業が落ち着いたら、また子供とどこかお出かけ出来るといいなと思います。

ぜひ、福井に遊びに来てください😊

担当:小澤

イギリス便が入荷しました!

こんにちは。

福井も雪が降り、気温も低く、外に出ると冷蔵庫の中にいるようです。

福井は大雪警報がでましたが、今のところはそこまで積もることはなく、通常通り過ごせていますが、
大雪によって、発送した荷物のお届けに遅れが出ている地域もございます。

申し訳ございませんがご了承ください。

さて、この前イギリス便が大きなコンテナに積まれ入荷してきました。

今まで見た事ない色合いの素敵なペイントの家具も入荷してきました。

置くだけで絵になるアンティーク家具で、見るだけでワクワクするようなオシャレなデザインです。

これから修復していきます。

こんな可愛い雑貨も沢山入荷してきました。

陶器のジャクや置物、陶磁器など、可愛いものがいっぱいです!

これから撮影してご紹介していきますので、楽しみにしてくださいね。

年末に娘の発表会がありました。
左側が娘です。

今回はゲームのスーパーマリオブラザーズの映画の劇をやったのですが、何の役かわかりますか?

「カメック」という魔法使いの役なんです。

眼鏡姿がなんともいい感じで、保育園の最後の発表会頑張ってました。

もう少しで卒園と考えると、今からちょっと切ない母です。

担当 冨田

年末年始のお知らせ

今年も残すところあと3日となりました。
皆さまにとってどんな1年でしたか?
旅行に出かけたり、コロナ過ではできなかったことをしてみたり、
楽しい年だったのではないでしょうか。
  
ハンドルは今日の12/28(木)をもって今年の営業は終了となります。

12/29(金)~1/5(金)までお休みをいただきます。
1/6(土)から通常営業いたします。
電話・メールでのお問合せ等も1/6(土)から随時承ります。

オンラインショップは年中無休ですので、ぜひご覧くださいね。

ハンドルでは今年1年、たくさんの方にご購入頂き、家具や雑貨をお届けできたこと、とても嬉しく思います。
本当にありがとうございました。
来年もたくさんのアンティークやインテリアをご紹介させて頂きます。
来年もどうぞよろしくお願いします。

2023年は私にとっても、たくさんの思い出ができました。
その中でも、10月にフランスに行った社員旅行!!
前回1日目と2日目をご紹介しましたので、今回は3日目、4日目をご紹介します。

3日目はまず、古きよき時代の風情がのこるモンマルトへ

モンマルトのシンボル、サクレ・クール寺院に到着です。

お天気も快晴で青空とサクレ・クール寺院がとってもキレイです!
中に入ると世界最大級キリストと聖母マリアを題材にしたモザイク画とたくさんの美しいステンドグラスに見入ってしまいました。

高さ55m、らせん階段300段を登って展望台へ。
足腰が丈夫な私ですがクタクタで、目が回りそう~~
しかし、展望台からの景色は最高です。

こんな街並み、まるで映画のようで大好きです。

サクレール寺院から少し歩いてモンマルト博物館に到着です。
17世紀に活躍した画家のアトリエで、モンマルトルの歴史に関する常設展の作品が展示されています。
スザンヌ・ヴァラドンのアトリエは、家具はもちろん、モリスの壁紙が素敵でした☆

博物館の裏にあるルノワール庭園が美しく、そこから見る景色がまた素晴らしいです。

セーヌ川沿いを歩いて、ノートルダム大聖堂に向かいます。
遠~くにエッフェル塔も見えます!

ノートルダム大聖堂が見えてきました。
2019年の大規模な火災は私もとてもショックでしたが、再建に向けて復興工事中でした。

パリ市庁舎が、またまた立派です。
ネオ・ルネッサンス様式の重厚な建物で、オリンピックのシンボル五つの輪が見えます。
来年のパリオリンピックにも行きたいです。夢が膨らみます!!

4日目は買い付けです。
たくさんの可愛い照明や素敵な食器、雑貨などを買い付けてきました。
照明はキレイにオーバーホールをしてHPにアップいていきますので、また楽しみにしていて下さいね。

次は、パリ セレクトショップ メルシー merciへ・・・
メルシーの名前を知らない人はいない!と断言出来るほどパリジェンヌに人気のお店です。
「Merci」と書かれたとってもキュートな赤い車がお客様をお出迎えしてくれます!

20世紀を代表する巨匠、ピカソ美術館へ
遊び心溢れる絵画は、見ていても楽しいです。

お土産にマグカップやTシャツなどアートグッズを購入しました。

最後にヴィクトルユゴー記念館へ
「レ・ミゼラブル」で有名な作家ヴィクトルユゴーの暮らした家が記念館となっています。

先日、趣味で習っているフラメンコの発表会がありました。
歌もギターもスペインからで、生演奏です♪
みんなで合わせて踊ることは楽しいですし、大好きです。
家族や親戚、お友達も見て楽しんでくれたようで、よかっです。
これからも努力は嘘をつかないの言葉を信じて、練習していこうと思います☆

担当:酒井

イベントが続くこれからの季節にピッタリの花瓶見つけました!

こんにちは。
さっきからついにHandleの周りも雪⛄が降って、積もってきました!!
10年に1度の寒気とやらが来ているようで、予報ではこれから40cm積もるそうで…
他のスタッフも、明日の出勤がどうなるか?何時に出ればいいかしら?とドキドキしていました。
でもそんな中、社長は除雪機ジョブサンの出動が今か今かと楽しみなようです。
積もらない事を祈るばかりです・・・

さて、今年会社で月一でお花のリースを作ったり、花束を作ったりと楽しんでいるのですがそうなると欲しくなるのがお花を生ける花瓶。
ガラスもいいし陶磁器もいいな~と見回っていると👀✨
可愛いフラワーべースを発見しました!!

エインズレイの花びん(m-7978-z)
エインズレイの花びん(m-7978-z)

イギリスのエインズレイのフラワーベースです。
シノワズリスタイルの花鳥画が描かれた、エインズレイの代表作、「ペンブロック」と名前が付けられたこのシリーズ。
日本の伊万里焼に感動して作られたデザインなんです。
美しい花に青い鳥とカラフルなデザインも目を惹きます💛

ペンブロックの花びん
ペンブロックの花びん

お花を入れても美しそうですが、なんだかこのまま飾っておいても素敵ですね♪

エインズレイの花びん(m-7980-z)
エインズレイの花びん(m-7980-z)

エインズレイの花器(ワイルドチューダーm-7983-z)
エインズレイの花器(ワイルドチューダーm-7983-z)

色んな形、いろんなデザインがあります。
これからのおもてなしの季節、きっと活躍してくれる花びん、ぜひ一度HPのぞいてみてください。

先月のお花では、クリスマスリースを作らせてもらいました。

玄関に飾って、クリスマス気分を楽しんでいます🎄
ちなみに今月はしめ縄を作らせてもらっているので、こちらはまだ出番待ち。
お花で季節を楽しめるので、毎月楽しんでます。

それでは皆様、素敵なクリスマスをお過ごしください。

担当:小澤

クリスマスディスプレイにもピッタリなミニチュアオブジェをご紹介します。

こんにちは。
12月に入っても、日中は比較的暖かくて過ごしやすい日が続いていましたが、天気予報を見ると、来週からは福井でも雪マークが…
寒いのは苦手だけど、もしかしたら今年はホワイトクリスマスになるかもしれない…と思うと少しワクワクしてきました。

クリスマスまであと10日。

Handleでもクリスマスのアイテムをいろいろご紹介していますが、今日は、クリスマスディスプレイにもピッタリな可愛いオブジェをご紹介します。


リリパッドレーン

イギリスのお家がモチーフになった、リリパッドレーン。
壁のレンガや屋根にポストなど…実際に近くで見るとさらに精巧さが伝わってきて、感動してしまいます。

ミニチュアサイズのお家を見ていたら、小さい頃に友だちのお家で見たシルバニアファミリーの赤い屋根のお家を思い出しました。
シルバニアのウサギさんやクマさんみたいな、小さなお人形を一緒に並べても可愛いディスプレイになりそうです。

→リリパッドレーンのアイテムはこちら

WADEのミニチュアオブジェ

シルバニアとはちょっと違うけど、アンティークにも小さな動物のオブジェがありました。
お店のキャビネットの中で、リリパッドレーンのお家と一緒に並べてみたらとっても可愛かったので、ミニチュアハウスと一緒に飾るのもオススメです。

WADEの陶磁器製のフィギュリンには、動物だけでなく、小さな子どものモチーフや、マザーグースや不思議の国のアリスなど、珍しい童話モチーフなんかもあるので、掘り出し物が見つかるかも…?

→WADEのミニチュアオブジェはこちら

陶磁器のフィギュリンと言えば、最近はこんな感じのお人形も人気。

フィギュリン

ドレスを着た女性のフィギュリンは、柔らかい布が揺れる感じもリアルで、このお人形は本当に風に吹かれているようなシルエットが美しい…。

ドレスの下や襟もとにはたっぷりのフリルがあしらわれていて、当時の英国女性の生活が浮かぶようです。

→フィギュリンはこちら


スタッフォードシャードッグ

最後は、最近人気のスタッフォードシャードッグ。
何とも言えない表情をした2匹のワンちゃんが特徴的なオブジェです。

対になっていて、なんだかイギリス版の狛犬のような?雰囲気。
初めてお店で見たときは思わず二度見をしてしまいました(笑)

ずっと見ていると惹き込まれてしまうような、不思議な魅力があるので、この表情に目を奪われてしまったという方は、ぜひ、お家にお迎えしてみて下さい。

→陶磁器製のオブジェはこちら

Handleでご紹介しているアンティーク雑貨も、今ならまだクリスマスまでのお届けに間に合います。
ちょっと珍しいアンティークの雑貨を取り入れて、もうすぐやってくるクリスマスの準備を楽しんでみて下さい。

ハンドルの可愛いクリスマス特集が始まってます!

こんにちは。
段々寒くなってきて、家ではこたつが登場しました。
娘と旦那が夜な夜なこたつでみかんを食べて、冬を楽しんでします。

さて、クリスマスの準備はしましたでしょうか?
家ではハロウィンが終わって、すぐクリスマスツリーを出して飾り付けをしました。

ハンドルでも可愛いクリスマスの雑貨を特集しています。
その中で私がお気に入りなのは、こちらです。

ピンクのキャンドルスタンドと、妖精トムテのお人形です。

色が本当に可愛いピンクのキャンドルスタンドは、サイズは少し大きめで、存在感があります。
カッティングも細かく、キラキラ輝いて華やかです。

そしてトムテの人形は、見れば見るほど愛着が湧いてくるんです。
私も自宅用に購入して、棚に座らせていますが、ちょこんと座っている姿がめちゃめちゃ可愛い~。

妖精トムテはもともとは北欧の民謡に登場する農家の守り神のことで、幸せを運んできてくれる小人として親しまれているそうです。

他の種類のトムテもいるので、是非クリスマス特集をチェックしてくださいね~

そして、クリスマスまでにプレスドグラスのベルをご購入頂いた方にリボンをつけてプレゼントしています。
自分へのクリスマスプレゼントにいかがでしょうか?

また毎年大人気のハンドルカレンダーもご購入の方にお届けしています。
数量限定のカレンダーとなります。
サイズも少し小さめで使いやすく、インテリアとしてもシンプルで素敵なカレンダーなので、是非ゲットしてくださいね。

少し前のことになりますが、娘のこども園のマラソン大会がありました。
年少さんから始まって、3回目のマラソン大会は1.2キロ!!
走り切れるのかな~と毎年心配しますが、みんなこの日のために、練習して完走するんです。
私の娘はそんなに足は速くないのですが、マイペースに完走できました。

小さい体の園児たちが一所懸命走る姿は毎年感動します。

担当 冨田

社員旅行でフランスに行ってきました!!

こんにちは!紅葉が美しい季節となり、
明日からの3連休、旅行に行かれる方も多いのでないでしょうか?
先月、エールフランスの深夜直行便で羽田を出発~
寝て起きたらそこはもうパリでした!
フランスではいろいろな美術館や教会、寺院などたくさんの観光ともちろん買い付けにも行きました。
ルーブル美術館が爆破予告で、急遽閉館されてしまったり、ハプニングありの楽しい旅行でした☆

今回は1日目、2日目に行ったところをご紹介しようと思います!

1日目~
まず、空港からホテルに行き荷物を置いて、コンコルド広場に向かいました。
コンコルド広場は、1775年にルイ15世によって建てられ、大革命の時期には「革命広場」と呼ばれ、フランス人民に王権壊滅の舞台として扱われました。
そのコンコルド広場は、ラグビーワールドカップ公式専門ショップがオープンしていました!

写真奥に見える2年前にオープンしたオテル・ドゥ・ラ・マリーヌ=「海軍の館」
フランス革命から2015年まで、フランス海洋省のあった場所です。
展示物は、18~19世紀のフランス装飾芸術も満喫できる文化遺産が満載です。
家具やインテリアが好きな私たちは、いくらでもこの豪華な館で時間を過ごせると思いました。

オテル・ドゥ・ラ・マリーヌは、元来は「王室の調度品保管所」としての役割を持ち、
その後は、「海軍省」として、フランスの近代化を見守ってきました。

ペパーミントグリーンの壁が印象的な補完所長夫人の寝室


ベルサイユ宮殿の鏡の間を思わせる19世紀のサロン

カードゲームなどを置いてある娯楽部屋

次にオランジュリー美術館へ
パリに来たら一度は訪れたい美術館館のひとつ・・・オランジュリー美術館
入口まで結構歩き、そしてたくさんの列に並んでやっと入館です。
飛行機の長旅もあり、足がずいぶん痛くなっていました(笑)

1階に四方を「睡蓮」で囲まれたモネの部屋を見たときは、疲れが吹き飛びました。

次にオルセー美術館へ
オルセー美術館は、もともと駅だったこともあり、その名残をうかがわせる細長い建物です。
ガラス張りの屋根、当時の人に時間を知らせた「時計」などで、かつての駅舎を楽しむことができました。



そして見たかったミレーの「落穂拾い」農地に落ち残った稲穂を拾い集めるという農民の逞しい生活を描いた作品です。

2日目~
今回は念願のモンサンミッシェルへ

パリからバスで4時間半、朝7時半頃、凱旋門を見ながら出発~

モンサンミッシェルが見えてきました!!


まずレストランで、 口の中でふわっと溶ける口当たりが特徴的な名物料理「スフレオムレツオムレツ」のコース料理を食べました!


そして、シャトルバスに乗り、橋の真ん中辺りで下車。
降ろされたのはいいですが、雨風で吹き飛ばされそうになり、洋服、髪の毛はベタベタ!
雨風の中を走り、周囲800m程の島の入口から、参道の細い坂道を上がると徒歩10分ほどで修道院の入口に到着しました。
大天使ミカエルにまもられた聖なる場所で、10~11世紀のロマネスク様式、12~13世紀のゴシック様式が混在する建築芸術なのです。


修道院の教会  塔の最上部に大天使ミカエルの像が置かれています。

②列柱廊   修道士の憩いと冥想の場所

迎賓の間  修道院長が身分のある訪問者を迎えた場所

騎士の間 修道士が写本や彩色を行った仕事部屋 巡礼者や下層階級の人々を迎え入れたそうです。

自然の美しさと1300年の歴史が交わる神秘的な島、一度は訪れたいと思っていた島に来れて本当によかったです☆

また、4時間半バスに乗って、オペラ座前に到着~
外観の改修工事中でしたが、やっぱり美しいです。
ティファニーの看板も芸術ですね♪

そのあと、モノプリでたくさんお土産などを買ってホテルに帰りました。
パリのモノプリ、なんでも揃っていて、おもしろいです♪
3日目、4日目は、次回のブログでご紹介しまーす!!

担当:酒井

イギリス、フランスのアンティーク家具をお届けするショップのスタッフブログ